彼氏の作り方?そう悩む事はない6つのテクニック


多くの女性の中には「絶対振り向いてくれない!」だとか「もう何年も彼氏が出来ない……」悩める女性は多いです。出会いの場やタイミングを見逃してしまった、色々考えられます。
そうなるとますます彼氏の作り方に迷ってしまうと思いますが、今回はそんな状況を少しでも打破できるような6つのテクニックを紹介したいと思います!ぜひ参考にしてくださいね。



彼氏の作り方?そう悩む事はない6つのテクニック

 

1:まず何が悪いの?


よく「人は外見ではなく中身だ」と言われています。しかし、恋愛においては恋が成就する可能性は低いといえます。例えば自分の目の前に小さな箱と大きな箱があったとして、どちらに幸せが入ってますか?と言われて箱を開けてみたら、どれも同じなのです。
要は人間スタートは一緒だという事。だからまずは自分自身を振り返ってはみませんか?

2:恋愛迷子!?まずは自分を振り返れ!


日々努力する人と一時的に凌ぐ為に行動する人では、相手が自分を見た時に多く違いに差が出てしまいます。
普段から肌や髪の手入れをしていない、掃除や洗濯のしかたが雑、時々出る小さな癖、それぞれが溜まって“ダメな自分”を形成する事こそ危ういのです。ですから日々、自分の様子に気を付けましょう。

3:作るのは自分だけじゃなくて、実はテクニックも大事!


スタート基準に立ったとしても、彼氏が出来ないと嘆く人も多いのではないのでしょうか?出会いの場やチャンスも関わってくると思いますが、時としてチャンスは自分でも作れたりしちゃうんです。
例えば連絡先を交換した後にいざ連絡をした時に返事はあると思います。極端な例ではありますが、明日も朝から仕事があるという時、相手が眠いかどうかを確認する時、こんなテクニックがあるんです。

「眠い?」と聞いた際に1番効果的で自分に気がある返事として「まだ○○ちゃんと話してたいんだ」と来た時は最大のチャンスです。
ここで重要なのは話していたいのはどんな理由かによって違ってくるのです。
「まだ寝付けないから○○ちゃんと話していたいんだ」と場合と「いや、○○ちゃんと話してるのが楽しいから寝るのはまた後でいいよ。」とは大分違いますよね?

4:会話から発展するそのテクニック


もし、「楽しい」などの感情表現があったら、とことん付き合ってみましょう。逆にその感情が読み取れない時は無理をせずに一歩引くのも手です。「寝付けない」などの理由でしたら、ショックを受けるのではなく、「うん、分かったよ。」などと返すのが最適解。
ただ、飴と鞭とあるように、時には鞭も与えなければそれこそ都合のいい相手だったり、その場凌ぎの友人になってしまうので、相手の出方をよくよく観察してみる事が大事です。
押して駄目なら引いてみろ、なんてよく言いますが、案外あの言葉も間違いはなさそうですね。

5:作るのは彼だけではなく、実は自分も作るべき


それは「自分を作る事」です。人それぞれ個性がある様に、その彼氏となりそうな人の好きな自分を作るのもまた重要なのですが、聞こえによっては昼顔妻に聞こえますよね?ですので、今回は良い意味での自分の作り方というのを考えましょう。

6:変えると言っても何を変える?


外見なら、服やメイクなども毎年流行りというものがありますが、必ずしも流行に乗ったからといって磨きがかかるとは言えません。もし流行に乗ってもそれは流行であって、自分はその流行の中の1粒に過ぎないのです。
だったら、「自分らしさ」を主張する為に、自分に合った服や化粧の仕方や中には鞄や小物を改造する人もいるとか。
そういった風に自分のオリジナルティを出せると言うのはすごく素敵な事だと思いますし、流行ばかりの中で輝いていれば、男性側も「お」と好印象を抱く場合もあります。

7:個性を変えても駄目な事


しかし、中にはその個性が派手だったり、少しズレていたりすると、下手に目立つ存在になってしまうので、そこは臨機応変に対応しましょう。
自分の個性を持ちつつ、磨き上げて高めていたら、きっとの輝きを見つけてくれる男性もいると思いますよ。
以上、全部の事を踏まえますと

・日々の自分の行動や口癖などに気を遣ってみる
・何気ない会話の中でも、引き際と押す場所を見極めるべし
・自分なりの個性を持つ事

これら3つを踏まえて、出会いの場所で発揮してみてはいかがでしょうか?

いかがでしたでしょうか?焦らず徐々に進めていきましょう。あまり焦って彼氏を作っても、それこそ付き合ってから不満が溜まりに溜まるかも。今回は作り方に重点的に視点を置きましたが、素敵な人と出会った後も歩幅を合わせて、歩ける事を祈っております。


情報の取り扱いの注意/免責事項

Copyright (C) 2017 スピリチュアル生活 All Rights Reserved.