これだけは知っておきたい!満月願い事に大事な5つの方法

joy-579550_640
日を追うごとにその表情を変え、様々な姿を見せてくれる「月」。満月が持つ不思議なパワーは、スピリチュアル界ではよく知られています。

アメリカでは、満月はビジネスマンの間で「サスセスムーン」として浸透しています。

サクセス=成功という意味で、実は大事な商談や仕事上の会議が成功するように、あえて満月の日を選んで実行するという習慣があるのです。月は、実はそれほどまでに私たちの日常生活に影響を及ぼすのですね。

ここでは「満月」に願い事をする際に大事な方法をいくつかご紹介します。



これだけは知っておきたい!満月願い事に大事な5つの方法

 

方法1 注意!どんな願いをかける?


地球から見る月は日ごとに形を変え、同じ惑星にもかかわらずそのときにより違う印象を受けます。

満月に願い事をすると叶うという話は聞いたことがあると思いますが、その具体的な方法や、叶いやすい願いの種類などがあるということをご存知だったでしょうか?

実は、月にはその形により異なった特徴があり、満月には“収穫”や“実り”
“達成”といった、今までに努力して積み重ねてきたものを獲得するという意味があります。

ですから、新たな願い事は満月に向けて準備するという方向で計画を立てると、とてもうまくいきます。

また、満月は物事が一旦満了を迎え、切り変わるときでもあります。終わらせたい物事があるなら、満月を目処に願い事をするとスムーズに手放すことが出来ます。

方法2 逆効果!?満月にかけてはいけない願い事


方法1でも少し書きましたが、満月には収穫期という意味があります。ものごとが完了するときなので、新たな願い事をするのに適しません。冬に種まきを始めるようなものなので、叶いにくいのです。

もしも叶えたい願いを持っているなら、「新月」の時を待ってください。新月には「育てる」という意味があり、満月とは逆のエネルギーで満ちています。

月の満ち欠けをチェックし、あなたの願い事を実現するパワーとして上手く取り入れていってください。

方法3 これは効果的!満月にすると良いこと


では、満月にはどんな願い事が適しているのでしょうか?

「達成」、「終わり」のエネルギーを持つ満月には、「不要なものを手放す」というパワーがあります。

部屋の模様替えや不要な物の処分、嫌な思い出や心残り、忘れたい感情などを一掃するのに調度いいです。

苦手な人、嫌いな人に対して湧いてくる嫌な感情だったり、失恋してしまった痛みや未練、失敗などの忘れてしまいたい思い出などです。満月のときを待って願い事として一気に手放すと、満月の力が強力に後押しをしてくれます。

人間関係においても、リセットしたいものがあれば満月の力が効果的です。思い浮かぶものがあれば、この時期に願い事をかけると良いですよ。

方法4 願い事を書こう!紙とペンを用意


では実際に満月に願い事をかけていきます。ここではより叶いやすくなるように、以下の内容を紹介します。

手放したいこと、人間関係、感情などを具体的に紙にペンで書いていきます。
まず、願い事は2個から10個までが適切です。書きたいことが沢山ある場合は、自分の中で整理し優先順位をつけてください。

紙はうっすら青い色がついたものがおすすめです。青は心を冷静にし、願い事を整理しやすくする効果を持っています。

ペンは可能であれば、願い事専用のものを用意してください。他のことに使っているものより、効果が上がります。用意したペンは、今後この用途だけに使用するようにしてください。

もし難しければ、あなたのお気に入りのペンで構いません。色の指定はありませんので、あなたの好きな色が良いと思います。

書く時期は、満月でなくても構いません。願いをかけたい満月の日に間に合うように書いてください。

願い事は全て箇条書きにし、「わたし」、「僕」、「自分」などの「一人称」をつけます。“わたしは○○さんの自分のことばかり話す性格が嫌です”というように書きます。文章の最後に、満月の日付を入れてください。

満月の当日は、紙に書いた願い事を声に出して言ってください。抵抗があるかもしれませんが、言葉にすることでより具体性が上がり、願いが叶いやすくなります。

最後に、紙に書いた願い事を全て手放し、生まれ変わった自分を自覚して感謝の言葉を言ってください。「わたしは生まれ変わりました。ありがとう」という感じです。

そしてお別れの言葉と一緒に、願い事を書いた紙を破いて捨ててください。捨てる場所は近くのごみ箱で構いません。手から放すことで、願掛けは終了です。

ひとつひとつは簡単にできますから、“手放したい事”がある方は是非実践してみてください。

方法5 金運アップ!満月に財布をかざそう


「満月は株価の変動に影響を及ぼす転換点になっている」と証券会社のデータにあるように、実は満月は「金運」にもそのエネルギーを発揮しています。

このパワーを、あなたが持っている金銭面の願い事に活用しませんか?満月になったら、普段使っているお財布を用意してみてください。

諸説ありますが、財布の中に満月のパワーを取り込むのが本来の目的なので、お財布全体に満月のパワーを行き渡らせるために一旦中身を空にしてください。

今までやってこれたという満たされた金運を思い、満月に財布をかざしながら振って、感謝を口にします。今まで以上の願い事があれば、「5万円の臨時収入をありがとうございます」など、既に叶った形で感謝してください。

可能であればその日一晩、空の状態で財布を保管してください。満月の膨らんだ金運のパワーが、あなたの金銭面での願い事を叶えてくれます。

いかがでしたか?満月に叶いやすい願い事の特徴を知ることで、より願いをかけやすくなったのではないでしょうか?これを期に月の周期をチェックし、生活に取り入れてみると良いと思います。

満月の効果を活用して、より多くの幸せを実感してくださいね。

まとめ

これだけは知っておきたい!満月願い事に大事な5つの方法

方法1 注意!どんな願いをかける?
方法2 逆効果!?満月にかけてはいけない願い事
方法3 これは効果的!満月にすると良いこと
方法4 願い事を書こう!紙とペンを用意
方法5 金運アップ!満月に財布をかざそう


情報の取り扱いの注意/免責事項

Copyright (C) 2017 スピリチュアル生活 All Rights Reserved.