仕事ができる人は洞察力が高い!特徴を徹底解析!


洞察力がある人はもれなく仕事ができる人が多いですが、彼らは一体どのようにして鋭く本質を見抜いているのでしょうか?天性の才能のように見える洞察力ですが、実は訓練で鍛えることができるのです。

今回は洞察力の高い人がどのような目線で物事を見ているのか徹底解析し、洞察力鍛える方法をご紹介します。



仕事ができる人は洞察力が高い!特徴を徹底解析!

 

注意力が高い・ちょっとした変化にも気付く


洞察力の高い人は、間違い探しのように日々のわずかな変化に気が付きます。
例えば、いつも会う人の顔色が優れないことや、いつも通る道にある看板が変わったことなど、わずかな変化も見逃しません。

彼らは好奇心旺盛で、目に入ってくるものは何でも非常によく見ているのです。
そして、パズルのように【小さな変化】というピースを組み合わせて、時として目に見えない本質を見抜くことができます。

年齢とともに好奇心は薄れてしまうものですが、洞察力を高めるには観察眼が必要不可欠です。いつも見慣れた光景や人々を、毎日隅々まで観察してみましょう。いつもと違う異変はないか?何か変わったことはないか?じっくり考えることで意外と新しい発見に気が付くかもしれませんよ。

一度見たものを忘れない


洞察力のある人は記憶力がいいものです。観察して見つけた変化を決して忘れません。かといって彼らは暗記のように強く意識して覚えているのではなく、普段からよく周囲を見ているからだといえます。さらに、変化に気付いた時は何かしらの新鮮さを感じるもの。それがなぜ変化したのか?思考することを好みます。

つまり、彼らは1つの変化に対して興味を持つことが得意なのです。好奇心を持って物事を見るということは忘れにくくなるということ。彼らは特別記憶力が良いわけではなく、好奇心おおせいともいえます。

何かしらの変化に気付いた時に、少しだけその変化について自分が興味を持てるものを見つけてみましょう。驚くほどよく覚えているものですよ。

思い込みや決めつけをせず、ありのままを受け取める


観察して得た情報ですが、先入観や固定概念・決めつけのフィルターを通してしまうと、全く別の間違った情報に変換されてしまうことがあります。

例えば、あなたが嫌いな人が急に誰よりも早く出社してオフィスの掃除を始めたとしたら、『どうせ何かしらの策略があるに違いない』なんて思ってしまいませんか?

先入観で悪く決めつけたり思い込んでしまうと、変化した本当の理由にたどり着けなくなってしまうのです。できるだけ思い込みや決めつけはせずに、冷静に事実だけを受け止めて観察してみましょう。すると、今まで見えなかった気付き、発見が見えてくることもあります。

誰かの立場になって考える


洞察力の高い人は目に見えない隠されたものを見抜くだけでなく、誰かの立場になって考えることができます。けれど、私たちは自分以外の誰かにはなれません。誰かの立場に立って考えるにはどうしたら良いのでしょうか。

よく言われている思いやりを持つことが必要ですが、想像力が必要も必要になってくるのです。

取引先の担当者や自分の上司になったつもり、自分の恋人になったつもりで考える。このように、相手になりきることで次に相手が望むアクションや言葉を、先回りすることができるのです。そして、想像をするために必要なのが、やはり観察眼。

普段から相手が何に対してどのような意見を持っている人物なのか観察しておくと、相手の立場になって考えようとした時に正解を導きやすいです。

広い視野を持つ


狭い視野では入ってくる情報量が少ない為に選択がしやすいという利点もあります。洞察力を高めたいのであれば広い視野を持つことをおすすめします。

広い視野を持つ場合は自然と入ってくる情報量が多くなりますよね。嘘や矛盾を見抜く力が無ければ、どれを信じたらいいのかわからなくなります。

最初は大変かもしれませんが、徐々に情報の多さに目も頭も慣れてきた頃、冷静に嘘や矛盾を見抜くことができます。また、普段から多くの情報を注意深く見つめていると、何が重要な情報なのかすぐに見抜く洞察力が身につきます。

常に可能性を考える


トラブルや不測の出来事が起きた時、洞察力の高い人は常に『それで、どうする?』という次の一手を考えています。混乱したり騒ぐことは無意味だと知っているのです。現状を冷静に受け止め、問題の本質に進んで取り組もうとします。

本質に触れなければ、その問題は解決しないのです。残念ながら、問題から逃げていると洞察力は身につきません。洞察力は本質を見つけようとする姿勢がなければ、身につかないものなのです。1日2日では身につきません。まずは3ヶ月続けてみることが大事です。

目に見える情報から、目に見えない情報を抽出!


一見読心術や超能力に見えてしまう洞察力ですが、決して特殊なものではなく、普段から冷静に観察するところから発生するものです。要領の良し悪しがあるように、洞察力も人によって差があるもの。

けれど、ほんの少し毎日の目線を変えるだけで身についてしまうんです。洞察力を高めれば、表面には出てこない情報を察知して仕事や人間関係がスムーズになります。是非鍛えてみてくださいね。


情報の取り扱いの注意/免責事項

Copyright (C) 2017 スピリチュアル生活 All Rights Reserved.