人生が嫌になり絶望してしまったら?試してほしい6つの方法


自分の人生が嫌だと絶望したことはありませんか?人生には色々なことが起きます。もちろん良いことばかりではありません。時には自分の人生に嫌気が差し、逃げ出してしまいたくなることもあるでしょう。この記事では人生が嫌になってしまった時に、前向きに乗り越えられるようになるために試してほしい方法を6つご紹介します。



人生が嫌になり絶望してしまったら?試してほしい6つの方法

 

何が嫌なのかを明確にする


自分の人生に嫌気が差している原因はなにか考えてみましょう。それが期間限定で嫌なことなのであれば、気の紛れることをしてやり過ごしても良いですが、そうでない場合は根本的な解決ができるかどうか検討する必要があります。

例えば、失恋など誰かとの別れは人生に付きものです。関係の修復が難しいと心の整理がついている場合は、時が流れ時間が解決してくれるのをじっと待ちましょう。絶望し、人生が嫌だと落ち込む時間が過ぎれば、必ず立ち直ることができます。自分の力では抗えない人生の辛い出来事は、振り返れば自分にとってかけがえのない貴重な経験となっているはずです。

人生が嫌だと感じている原因が具体的にあり、それが自分の決断により終わらせられる場合は人生を好転させるチャンス。職場の人間関係で悩むなら、部署異動を申し出たり、転職も視野に入れましょう。うまくいかない恋愛関係も、このまま続けていくかどうかを真剣に考え直してください。

もしすぐに決断、行動できなくても、人生が嫌だと感じる原因をはっきりさせられればOKです。自分が手放したほうが良いものが明確になるだけでも、次の目標や目的ができるので、ポジティブに人生を捉えられるようになります。

物事の良い面に焦点を当てる


人生が嫌だと落ち込んでいる時は「不幸探し」をしてしまっている時でもあります。1つの嫌なことをきっかけに、芋づる式に嫌なことが思い浮かび、人生全てが嫌になってしまうのです。

物事には悪い面もあれば良い面も必ずあります。失恋なら「自分が磨かれた」と考え、どうしても好きになれない上司対しては「なりたくない上司像がわかった」でも構いません。人生が嫌だと嘆いている出来事に、良い面がないか探してみましょう。

人生を明るく前向きに考えられる人は、この「良いところ探し」が上手な人です。悩んでいるだけでは、人生は何も変わりません。どんな状況でも物事のポジティブな面にフォーカスする「思いグセ」がつけば、人生が嫌になってしまうような局面も乗り越えていけます。

人と比べない


人生が嫌だと考え始めたきっかけを考えてみてください。誰かと比べて「自分の人生は恵まれていない」と嘆いていませんか?周囲と比較して落ち込むことは、幸せと対極にある思考です。人にはそれぞれの良さがあり、比べて順位をつけられることではありません。

周りと自分を比べることは、常に人より優れていなければならないというプレッシャーと戦い続けること。友人や同僚の成功に嫉妬し、他人の幸せを祝福できなくなります。誰かを羨ましいと感じることがあったら、自分と比べて落ち込むのではなく、「自分にもそうなれるチャンスがある」と考えてください。周囲の人を応援し、高め合える関係が築ければ人生の荒波も乗り越えていけます。

人生の目的を大きく考える


人が絶望を感じるのは「目的や意味を失ったまま生きること」だと言われています。逆に自分の目標や目的がはっきりしていれば、どんな辛いことでも乗り越えていけるということです。

人生が嫌になってしまっている時は、「生きる目的」を見失っている時。最終的に目指す「人生の目標」を自分と向き合いじっくり考えてみましょう。目標が明確に定まれば、今起きている人生の嫌な出来事は、ゴールに向かうために通過地点だと考え、乗り越えることができます。

こだわりを手放す


人生が嫌になってしまう原因が「自分の思い通りにならない」という人は、自分が固執してしまっている考えがないかどうか見直してみましょう。自分にとっての幸せは「こうであるべき」と思い込んでいませんか?それ以外は幸せではないという考え方は、自分を不幸にする典型的な思考パターンです。

現状が変えられなくても、考え方を変えるだけで人生が嫌だという思いから抜け出すことができます。完璧主義で自分にも他人にも「すべき」という思考を持っている人は、柔軟に物事を捉えられるよう意識してみましょう。

瞑想する


あるがままの自分を受け入れられれば、人生に嫌気が差したり、絶望することもありません。瞑想は、今の自分の感情や思考を否定せず「そのままで良い」と自己肯定感を高めるのに有効な方法です。

目を閉じ呼吸を整えたら、自分の心の動きをじっと静観します。どんな思考が浮かんできても、良し悪しの判断はせず、その思考を手放しましょう。思考が浮かんでは手放す、それを繰り返すうちに人生が嫌だと感じているのは、自分の思考が作り出している現実だということに気づきます。

瞑想を続けていくと自分の思考を深追いしなくなり、「こんな人生は嫌だ」と落ち込むことはなくなります。嫌な出来事が起きても、あるがままを受け入れ対処できるようになるのです。
瞑想の方法


人生には紆余曲折があるものです。嫌なことや辛いことが起こってしまうのは防ぎようがありません。しかし、人生で不測な事態に見舞われても、自分の捉え方次第で「人生が嫌だ」と思う考えから抜け出すことができます。人生が嫌だと嘆いているだけでは何の解決にもなりませんが、まずはそう感じる自分の感情を一旦受け入れて、上記の方法を試してみてください。

まとめ

人生が嫌になり絶望してしまったら?試してほしい6つの方法

何が嫌なのかを明確にする
物事の良い面に焦点を当てる
人と比べない

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感! その中でも特に恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだタロットカードや生年月日などをもとに導き出される『神秘のタロットカード』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、 いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪初回無料≫で診断してもらえます。

あなたのこれからの恋愛運を上げたい方は是非やってみて下さい。

提供:株式会社ユニット


コメント