一人っ子の性格を理解し交友関係を築く5つの方法

brothers-1022994_640
一人っ子は性格がわがままと思われがちでしたが、時代によって一人っ子の印象がかなり変わってきています。

昔から一人っ子は親から愛情も欲しい物も、兄弟姉妹を持つ子供よりは十分与えられるので、大人になってからも周りから、あの人は一人っ子だから性格がわがままなのでは?と警戒心を持たれたりする傾向にあります。

では今の時代の一人っ子性格はどうかというと、勿論人によりますが、ゆったりした魅力のある人が沢山います。

兄弟姉妹を持つ人にとって一人っ子の友達を持つ事は、心の良い修業となり魂の成長が期待できるので、ここでご紹介する交友関係を築く5つの方法を是非参考にして下さいね。



一人っ子の性格を理解し交友関係を築く5つの方法

 

方法1 一人っ子は集団行動を他人としか学べない事を理解しよう


一人っ子の家庭は、目上の人ばかりに囲まれ子供は自分だけなので、注目と愛情を一心に受けるので、愛情をたっぷり知る性格となり、愛に満足感のある一人っ子は他人の幸運も素直に喜べて、ゆったりした性格になります。

しかし家庭ではアイドル的存在なので、やはりわがままになりやすいとも言えます。

兄弟姉妹のいる家庭は、物を取り合ったり順番にこだわったりしながらも、血のつながった兄弟だから今回は我慢しようとか助け合おうという気持ちが性格に出ます。

一人っ子は家庭で集団行動を学ぶのは難しいですが、外で他人にもまれて学ぶので、そのインパクトが強く脳に刻まれます。

兄弟間では逆に好きな事を言いあえますが、一人っ子は他人との人間関係なのでシビアな我慢を学ぶ事になり、一人っ子の性格がある頃から早くしっかりしてくるので、成長した一人っ子は付き合いやすいとも言えます。

方法2 一人っ子が一人が好きな理由を理解しよう


一人っ子は、集団行動なるものは他人とのみの学習なので、かなり気を遣う学習時間を過ごします。

その為一人っ子の性格上、一人で寂しいと思いきや、早く一人の自由時間が欲しい、早く愛される場所に戻りたいと思い、一人っ子は一人が心地よく好きなのです。

一人っ子は他人と何か不具合があると、ふっと態度を変えあたかもわがままで冷たい性格のように心を閉ざす事があります。
しかしそれも、ティーンエイジャーになり、家よりも友達といる方が楽しくなると、更に集団行動を学び吸収します。

一人っ子の友達がいたら、この子は基本的に一人の時間も確保したい性格なのだと頭におきながら付き合ってあげて下さいね。

方法3 金銭感覚は大いに違う事を理解しよう


一人っ子はおこずかいやお年玉は、兄弟のいる同年代の子と比べると、自分に入る金額が多くなる傾向にあります。

又、欲しいものが手に入りやすく兄弟を持った友達より物に恵まれているのは普通の流れとも言えるので、一人っ子を見て、我慢を知らない性格と非難してはいけません。

ですが一人っ子が小さいうちは、性格上、兄弟を持つ友達の気持ちは分からないし、人に気遣うなど出来ないので、買ってもらった物を嬉しさと自慢したさで披露し嫉妬をかいます。

又一人っ子は、その性格ゆえ友達も自由になるお小遣いが自分くらいあると思いこんで接するので、友達は次第にこの子とは付き合えないと離れていく事もあります。

大人になるにつれ、他人の気持ちや環境事情に少しづつ気づき始めると、愛情をたっぷり受けた土台ある一人っ子の性格は柔軟に変化するので、待ってあげて下さい。

方法4 面倒な事が嫌いな一人っ子を受け止めよう


一人っ子は、家庭では意見を通し易く融通も利きますが、他人とではそうもいかないので、外でスムーズにいかず面倒な事が勃発すると、性格的にすぐ放り出す傾向にあります。

又、事が上手くいかないと、興味がないから止めるというよりは、友達より上手くできないから止めたいと思ってしまいます。

親は一人っ子のために可能なかぎりの愛とお金を注ぎ、幸せになって欲しい為にもっと頑張れとプッシュするものの、面倒な事が嫌いな一人っ子の性格は、そういう親すらも面倒に感じ、大きなバトルを引きおこす時期があります。

一人っ子でない人が一人っ子のこういう面を見ると、わがままな性格と受け取るかもしれませんが、一人っ子は初めの外で受けるストレスが大きい事を理解してあげて下さい。

方法5 それぞれ恵まれた修業の場に生まれた事を知ろう


一人っ子は、親の愛と物質に満足感を持っていますが、兄弟を持つ子供は、あたかも親の愛情も物質も自分の取り分が減るような(愛は減るわけではないのですが)感覚を、小さな時から味わいます。

一人っ子は満足感という素晴らしい人生の宝物を持つ性格となり、他人に思いやりをもって接していけば成功した人生を生きられます。

しかし、他人と比較し競争心を出し過ぎると、わがままな性格が現れ、友達が減り寂しい人生となってしまいます。

一人っ子でない人は、小さいうちから家庭という守られた環境で集団行動の基礎を十分習えるので、社会でそれを生かすと人から好かれ用いられて成功する事ができます。

しかし、家庭で兄弟同士が過剰に比較されて育つと、社会に出ていつも自分の優先権を考える性格が出るので、次第に人から嫌われます。

それぞれの生まれた環境を恵まれた修業の場と思って、一人っ子もそうではい人も、お互いの相加効果で交友関係を築き、高め合える人生にして下さいね!

いかがでしたか?一人っ子の性格を良く理解して、お互いを尊重しあい、心の情報交換をしあうと、幅の広がった楽しい人生になりますよ!

まとめ

一人っ子の性格を理解し交友関係を築く5つの方法

方法1 一人っ子は集団行動を他人としか学べない事を理解しよう
方法2 一人っ子が一人が好きな理由を理解しよう
方法3 金銭感覚は大いに違う事を理解しよう
方法4 面倒な事が嫌いな一人っ子を受け止めよう
方法5 それぞれ恵まれた修業の場に生まれた事を知ろう


情報の取り扱いの注意/免責事項

Copyright (C) 2017 スピリチュアル生活 All Rights Reserved.