話し下手は克服できる!会話が苦手な人の原因と話し上手になるコツ


「何を話したら良いのかわからない」「話が途切れてしまう」など、会話が苦手で悩んだことはありませんか?会議や雑談、人が集まるパーティなど、どんなシチュエーションでも臆せず堂々と話せたら、交流関係も広がり楽しく過ごせることは分かっているのに、いざとなるとうまく会話が出来ないのはなぜなのでしょう。この記事では会話が苦手な人の克服法と、その原因について詳しく解説します。



話し下手は克服できる!会話が苦手な人の原因と話し上手になるコツ

 

会話上手になるメリット


話上手になると色々なメリットがあります。1番のメリットは会話を通して相手のことを知り、自分の良い所も知ってもらえること。上司や部下に信頼されたり、新しい友人ができたり、仕事も交友関係もスムーズに進むようになります。

いろいろな人と話すことで、自分では知り得なかった知識や経験を手に入れることも可能です。人間関係が円滑になるだけではなく、幅広い人との交流が生まれることで会社やコミュニティを繋ぐ重要な役割を果たすこともできます。

会話が苦手な人の特徴と原因


まずは、自分の性格や態度が会話をうまく続けられない理由とどう関係あるのか探ってみましょう。ここでは会話が苦手な人の特徴と原因をあげ、なぜ上手に会話できないのかを詳しく説明します。

自分の話ばかりしてしまう

人は自分の話に興味を持ってくれる人と会話をしている時、楽しいと感じ親近感を抱きます。自分の話を聞いて欲しくて、人の話に耳を傾けられないのは会話が苦手な人の典型的な特徴です。自分は楽しいと思う話題でも相手が興味を示さなければ、楽しい会話は成立せず退屈だと思われてしまいます。

あがり症である

会話な苦手な人は、あがり症である傾向もあります。「上手に会話をしなければ」と思えば思うほど、緊張してしまい相手の話が頭に入ってこないので、的はずれな返答になってしまい会話が盛り上がらないのです。

せっかちである

結論や話のオチを急ぐせっかちなタイプの人も会話がうまく続きません。相手の話している途中に、話の結論をまとめようとしたり、話の腰を折って自分の意見や経験談を話したりする人は、話題が広がらず会話が途切れてしまいます。

気が小さい

相手にどう思われるかを気にし過ぎて自分の意見が言えない人も、会話が苦手な人に多い特徴です。「変に思われるかも」「嫌われてしまうかも」など、人からどう思われるかばかりを気にしてしまい、自分の意見が言えず会話が一方通行になってしまいます。

会話をする前の心構え


ここでは、話し上手になる心構えを紹介します。会話が苦手だという人も会話をする前に気持ちを整えるだけで、気楽に話ができるようになりますので、ぜひ試してみてください。

会話に入る前にまずリラックス

会話をする前に深呼吸したり瞑想したりするのもおすすめ。会話が苦手な人は、面白い話をしよう、失礼にならないようにしよう、など力が入りすぎてしまう傾向があります。会話をうまく成立させるためには、リラックスすることが大切。構えずリラックスすることで、相手の会話から気づくことも増え、自分の意見も気負わず伝えることができます。

話題を準備しておく

会話が苦手という人は、事前にある程度話題を準備しておくことで落ち着いた態度で話を進めることができます。話す相手があらかじめ分かっている場合は役職や出身地、趣味などをあらかじめリサーチしておくといいでしょう。話題のニュースや時事ネタを斜め読みしておくだけでも、雑談の話題として役立ちます。

ポジティブに振る舞う

会話をする前に自分の気持をポジティブに整えることも大切です。

コミュニケーションを楽しもうという前向きな気持ち

で会話をすれば、自然と相手にも気持ちが伝わり、楽しい会話ができるでしょう。

話し上手になるコツ


ここでは実際に会話をするにあたって大切なポイントをまとめました。話すのが苦手という人も、少し意識するだけでスムーズに会話が続くようになるので、日常会話に取り入れてみましょう。

人の話を聞く

「話し上手は聞き上手」という言葉があります。会話が苦手な人は、まずは聞き役に徹してみましょう。会話を楽しく続けたいなら、まずは相手の話に耳を傾けることです。自分の話を熱心に聞いてくれる人を嫌う人はまずいません。話すのが苦手で話が広がらず、いまいち盛り上がらないという人も、話を聞いているうちに相手の好みや共感できる部分を見つけることができるようになり、そこから話題を広げていけるようになります。

相手の話にリアクションする

会話を盛り上げるためには「相槌」がとても重要です。相手の話にリアクションをするということは「あなたの話を聞いています」というサインになります。話すのが苦手で、こちらから気の利いた会話ができないという人も、「なるほど」「知りませんでした」「私もそう思います」などの相槌を繰り返すことで十分会話は成立します。

相手に質問する

自分に興味を持ってもらうことは、誰にとっても嬉しいもの。会話が苦手な人は、話題の中で気になることやわからないことがあったらチャンスだと思ってください。知らないからこそ色々な質問ができるので、会話が途切れることなく続けることができます。仮に知っていることでもあえて質問をして相手に説明をしてもらうことも◎。
一般的に話を聞いて欲しい人がほとんどなので、相手の話を引き出してあげましょう。

一問一答にならないようにする

会話を上手に続けるためには相手に質問することが大切なのですが、一問一答にならないよう注意が必要です。相手の回答に反応せず次々と違う質問を投げかけてしまうと、「義務的に質問しているだけで話をちゃんと聞かない人」だと思われてしまいます。相手に一度質問したら、その回答を受けて連想することを質問するようにしてください。会話が苦手で話題がすぐに終わってしまうという人でも「連想して質問する」を繰り返すうちに、自然と会話に深みが生まれます。


会話が苦手な人の特徴と原因について詳しく解説しました。会話が上手にできるということで、新しい出会いが生まれたり、貴重な知識や経験談を得るなど人生の幅が広がります。最初は緊張したり、気負ってしまったりするかもしれませんが、「相手の新しい部分を発見しよう」「自分を知ってほしい」というポジティブな気持ちがあれば、相手にその気持は必ず伝わります。ご紹介した会話がスムーズに続くコツを取り入れて、話し下手を克服してください。

まとめ

話し下手は克服できる!会話が苦手な人の原因と話し上手になるコツ

会話上手になるメリット
会話が苦手な人の特徴と原因
会話をする前の心構え
話し上手になるコツ

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感! その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだカード、生年月日や血液型などの情報を元に導き出される『神秘のタロットカード』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、 いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪初回無料≫で鑑定してもらえます。

恋愛運が気になる人は是非やってみてください。

提供:株式会社ユニット


コメント