人見知りを直したい!すぐに実践できる方法まとめ


家族や親しい友人とは気さくに話せるのに、初対面の人や気心が知れていない人を前にすると途端に緊張してうまく話せなくなる「人見知り」の症状に悩んでいませんか?人見知りを克服し、誰とでもすぐに親しく打ち解けられれば、人脈も広がり人生がより楽しいものになります。
この記事では人見知り人の特徴や原因を詳しく解説。人見知りを少しずつ克服していくポイントも紹介しますので、人見知りに悩む人はぜひ参考にしてください。



人見知りを直したい!すぐに実践できる方法まとめ

 

人見知りとは?


初対面の人や普段関わりのない人と接する時に緊張してしまい、ぎこちない振る舞いになってしまうのが人見知りの症状です。人見知りを克服するには、自分がどの程度の人見知りなのかを知ることが大切。下記は人見知りの人の具体的な特徴一覧です。当てはまる項目が多い人は「人見知り度」が高いということになります。

人見知りの特徴

・家族や友人など親しい人以外と話すのが苦手
・人前ですぐ緊張してしまう
・人の目を見て話せない
・人前で自分の意見を発言できない
・用事がある時以外、人とコミュニケーションを取るのが億劫
・自分から話しかけるのが苦手
・会話を続けらず、すぐ途切れてしまう
・何を話して良いのかわからなくなってしまうことがある
・人と笑顔で話すのが不得意

人見知りの3つの原因


人見知りがどんな原因から引き起こされるのか理解することは、人見知りを克服する第一歩。人見知りは、①知らない人との会話が苦手という思い込み、②他人の評価が気になる、③自分に自信がない、主にこの3つが原因です。

知らない人との会話が苦手という思い込み

人見知りの人は家族や友人などリラックスして話せる相手とは自然に会話できるのに、「あまりよく知らない人」とのコミュニケーションに対して不安や焦りを感じます。「知らない人とは会話が弾まない」という自分の強い思い込みが、人見知りの症状を起こしているのです。

他人の評価が気になる

人見知りの原因は「他人の評価が気になる」という意識が強いことでも引き起こされます。人から嫌われたくないという気持ちが強くあると、相手の反応が気になって自分の思う通り行動が出来なくなってしまうのです。相手の態度によっては「嫌われた」「バカにされた」などというマイナス思考に陥り、ますます人見知りの症状が強くなってしまいます。

自分に自信がない

「自分に自信がない」という考えも人見知りを克服するために知っておきたい原因の1つ。自分に自信がない人は「素の自分を見せたらがっかりされる」と無意識に思い込んでいるため、人前で自分の意見を話したり、自分らしく振る舞ったりすることが苦手なのです。

人見知りを克服する5つの方法


人見知りの度合いが高いからといって、克服するのが難しいというわけではありません。上記の原因を踏まえて少し考え方を変えるだけで、人見知りを克服することができます。ここでは人見知りを克服する方法をご紹介。普段の生活に取り入れるだけで、少しずつ人見知りを克服することができます。

人見知りである自分を受け入れる

人見知りを克服するには、まず自分が人見知りであることを認め、受け入れましょう。「人見知りの自分はダメな人間だ」と自分を責めるのは、ますます自信がなくなってしまうので逆効果。

人見知りも自分の個性であることを認めることが、人見知りを克服する第一歩です。自分が人見知りだと認めた上で人と接することで、うまく受け答えできなくても自分を責めることがなくなります。

みんなに好かれようとしない

「みんなから好かれる自分でいたい」という思いを手放すことも人見知りを克服するには有効です。人から好かれる努力をするのは素晴らしいことですが、顔色を伺って人に合わせすぎてしまうと、自分の良さが発揮できず親しくなるチャンスも逃してしまいます。
出会う人全員から好かれるのは不可能です。全員から好意を持たれなくても、このままの自分で十分価値があり、自分の良さをわかってくれる人は必ずいると考えましょう。

会話が途切れても気にしない

多くの人見知りの人は他人と話す時に「楽しい話題を提供しなければ」というプレッシャーを抱えています。会話の途中で沈黙が訪れると気まずさを感じ緊張して、ますますうまく話せなくなってしまうのです。

人見知りを克服するには、会話が途切れてもプレッシャーを感じず自然に振る舞うようにすること。会話に間があるのは当たり前だと割り切るようにしましょう。それでも沈黙が怖いという人は、最近見た映画や外出先での出来事などあらかじめ話題を用意しておくと沈黙を恐れずに会話を続けることができます。

人見知りであることを公言する

自分が人見知りであることを相手に公言してしまうのも、人見知りを克服する一つの方法です。最初に人見知りであることを相手に知ってもらうことで、「うまく話せなくても大丈夫」とハードルが下がり、リラックスした態度で接することができます。初めて出会った人には自己紹介の時に「実は人見知りなんです」と思い切って告白してしまいましょう。

相手も同じ人見知りかもしれないと考える

臨床心理学的に「緊張しやすい遺伝子」を持つ人が、人見知りになりやすいタイプだと言われています。「緊張しやすい遺伝子」を持つ割合は世界でも圧倒的に日本人に多いので、自分の周りにも人見知り気質の人がたくさんいると考えましょう。

人見知りで悩んでいる人は自分だけではなく、目の前の人も同じように緊張しているかも知れないと考えることで、相手だけが有利だという思い込みから開放され楽に接することができます。


人見知りを克服するには、考え方を少しだけ変えることで改善へと近づきます。人見知りの原因を理解し、上記の人見知りを克服する方法を試すだけで、他人とコミュニケーションがうまく取れるようになってくるでしょう。人見知りが改善されてくると第一印象も良くなり、自然に親しくなることが出来るようになります。この記事が人見知りを克服し、より良い人間関係を築くきっかけとなれば幸いです。

まとめ

人見知りを直したい!すぐに実践できる方法まとめ

人見知りとは?
人見知りの3つの原因
知らない人との会話が苦手という思い込み
他人の評価が気になる
自分に自信がない

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感! その中でも特に恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだタロットカードや生年月日などをもとに導き出される『神秘のタロットカード』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、 いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪初回無料≫で診断してもらえます。

あなたのこれからの恋愛運を上げたい方は是非やってみて下さい。

提供:株式会社ユニット


コメント